ライン
函館大学付属柏稜高等学校 > ニュース&トピックス一覧

ニュース&トピックス一覧

2年生商業科『高校生アイデア王座決定戦』

本校2年生商業科が課題研究の授業の一環として10月23日(日)に函館大学で行われた『高校生アイデア王座決定戦』に参加しました。

このコンテストは、“SDGsに定められた17の開発目標×地域課題(産業)”を組み合わせた地域課題の解決や活性化につながるアイデアや政策を提案するものです。

本校からは4チームが応募し、1チーム(Bonji’s)が1次審査に突破し、見事本選出場を決めました。

本選では、「ジェンダーの結婚について」15分程度のプレゼンテーションを対面で行った後、10分間の質疑応答が行われました。その結果、本校のBonji’sは第4位になりました。

 

プレゼンテーションを行い、日頃の成果を発揮できたことで発表に対する自信がついたように思います。

 

このプレゼンテーションの動画についてはYoutubeやインスタグラムで閲覧可能になっておりますのでご覧ください。

 

来年以降もこのようなコンテストがあれば、ぜひ参加したいと思います。

2022.10.26 (水曜日)

1・2年生対象『医療系ガイダンス』開催

10月19日(水)、北海道情報大学の千葉 二三夫先生をお迎えして、「医療系ガイダンス」を開催しました。多くの資格を持つ千葉先生から医療系の職業(臨床工学技士・看護師・理学療法士・作業療法士・救急救命士など)や大学での学びについて説明して頂くというもので、この分野に興味を持つ1・2年生23名が参加しました。

ガイダンスの中では、人体モデルを用いて穿刺や気管内挿管などの実習を経験させて頂きました。

このガイダンスを通して、医療について理解を深めることができていたようです。是非、自分の進路選択に生かして欲しいものです。

 

 

2022.10.20 (木曜日)

理科研究部『高文連全道大会優秀ポスター賞 受賞!』

本校理科研究部の今年度の研究「北海道南部産ダルス内のPE量に光が与える影響」が、高文連 第61回全道高等学校理科研究発表大会 ポスター展示部門において、最高賞に当たる優秀ポスター賞を受賞しました。

 

全道大会で最高賞に相当するのは、研究発表部門の総合賞、ポスター展示部門の優秀ポスター賞ですが、2011年の初出場以来、合わせて14回目の受賞となりました。

 

今年度の全道大会は、初めてオンラインを用いたリアルタイムでの開催となりました。ポスター展示部門では、4分間のプレゼンテーションの後、3分間の質疑応答が行われました。プレゼンテーションでは動画や模型を利用して、聴き手に伝わりやすいように工夫しました。また、質疑応答に関しても、日頃の研究の成果を発揮することができたと思います。

 

次年度の全道大会は地元函館での開催となります。来年の全道大会に向けて、これからも函館に所縁のある題材を用いた研究を展開し、さらに発展させていきたいと思います。

2022.10.12 (水曜日)

理科研究部 「第60回 日本生物物理学会 年会」高校生・高専生優秀研究賞 受賞!!

9月28日より3日間、函館アリーナ・函館市民会館で開催された第60回 日本生物物理学会 年会に出場しました。

 

日本全国から1000人以上の研究者が参加し、約40のシンポジウム、約900演題の一般発表にて研究交流を行う非常に大きな会で、本校もポスターセッション形式でプレゼンテーションを行いました。

 

生徒たちにとっては、参加させて頂いただけでも大変勉強になり、たくさんの刺激を頂く良い機会でしたが、研究の成果が認められ、「高校生・高専生優秀研究賞」を受賞することができました。

 

このようなトップレベルの大会で表彰して頂き、大きな励みとなりました。

 

今後も、様々な場面で本校理科研究部の研究成果を発信できるように取り組んでいきます!

 

2022.10.01 (土曜日)

1年生『北海道未来ビュー』

先日、本校1年生が『北海道未来ビュー』に参加してきました!

 

この活動は『マイナビ』と『函館市』の共催のイベントで、卒業後の進路を考えている高校生を対象に、今の『学び』が将来の『仕事』とどのように結びついているのかを、上級学校目線と企業目線から知ることができるイベントです。

 

本校生徒は、事前学習としてマイナビの西部様を講師に迎え、『学校選択』や『ブースでの質問事項』等を考え、当日に臨みました。

当日は、本校の他にも沢山の高校生が来場され、規模の大きなイベントでした!生徒は事前に話や体験をしたいブースに行き、様々な事を『見て』『聴いて』『体験して』いました。終わった後には、『とても為になる話を聴くことができました!』『体験することで仕事がより身近に感じることができました。』という声が聞こえてきました。

未来ビュー終了後には事後学習も行い、西部様からは『進路選択は自分軸。譲れないポイントをしっかりと持っているべき』という話をいただきました。

今回の活動を通じて、本校1年生は進路についてより深く考えるきっかけとなりました。まだまだ先とは言わず、『今できること』を模索して取り組んでほしいと願います。

 

最後になりますが、今回の活動に際してマイナビ西部様はじめ、様々な方にお世話になりました。御礼申し上げます。

2022.09.22 (木曜日)

ESS部『柏稜・有斗ESS部交流会』

9月13日(火)に有斗高校ESS部メンバー4人が本校ESS部を訪れました。

活動内容は自己紹介(もちろん英語で)、英語スピーチコンテストに出場する柏稜高校3年生のプレゼンテーション、English games を行い、楽しく活動ができました。

※今後も、ハロウィンのカボチャ ランターン作成、クリスマス会などで交流をしていくことになりました。

2022.09.16 (金曜日)

3年生『CDP看護医療系 函館看護専門学校見学』

8月26日(金)に、キャリアデザインプログラムの一環として本校の近隣にあります函館看護専門学校へ見学に行きました。

コロナウイルス感染症対策を実施した後、校内を案内して頂き、実習の行い方や在校生の声を聴き看護のお仕事を身近に感じました。

赤ちゃんの人形を抱き、命の重みを感じました。

実際に人体ロボットの脈を図ったり、聴診器で心拍を聞いたりなど貴重な体験をさせて頂きました。

コロナ禍で3年ぶりに見学に行かせて頂き、生徒は新たな発見や看護に対する興味を持っていました。

2022.08.29 (月曜日)

3年生『CDP看護医療系 発表会』

8月23日(火)に3年間のまとめとして発表会を行いました。コロナウイルス感染症の影響で見学等を自粛しておりましたが、最後のプログラムとして各自自分の理想となる医療従事者や将来について発表しました。生徒は緊張した面持ちで臨んでいました。

函館看護専門学校より太田先生、函館歯科衛生士専門学校より永橋先生をお招きしました。

 

2022.08.29 (月曜日)

2022.有斗・柏稜合同講習会

本校では、進路指導の一環として夏休みを利用した夏期講習を実施しています。前期・後期合わせて16講座開講され、多くの生徒が自分のレベルアップを目指し受講しました。

 

さらに今年度は、8/16(火)~8/18(木)の3日間、関連校である有斗高校と連携した「有斗・柏稜合同講習会」を開催しました。

 

主に4年制大学、医療系進学を考えている生徒を対象とした内容で、1コマ90分の授業を本校と有斗高校の教員で担当しました。

 

普段は異なる2校の生徒が同一の講座を受講することで、お互いに刺激を受け合い、切磋琢磨することができたのではないかと思います。

 

自分の目標を叶えるため、今後も努力を重ねて欲しいと思います。

2022.08.18 (木曜日)

理科研究部『北海道大学 岸村 栄毅 教授のご講演』

理科研究部は今年度も北海道大学水産学部と連携し、海藻の研究を進めています。7月29日には、この分野の第一人者である岸村 栄毅 先生に対面でご講演を行っていただくことが叶いました。

今回は、私たちの研究テーマでもある道南所縁の海藻「ダルス」の「色素とマイコスポリン様アミノ酸(MAAs)」についてご説明頂きました。ご講演を通して、この海藻が多くの有用性を持つことを改めて再認識することができました。また、岸村先生が取り組まれている、未利用海藻の海産資源としての活用へ向けた挑戦と熱意に大きな感銘を受けました。

今後も連携を深め、北海道大学が展開しているバランスドオーシャン事業プログラムも活用させて頂き、私達の研究もさらに発展させていきたいと考えています。

岸村先生、この度はお忙しいところ、誠に有難うございました。

2022.08.01 (月曜日)
1 / 3412345...102030...最後 »