ライン
函館大学付属柏稜高等学校 > ニュース&トピックス一覧

ニュース&トピックス一覧

11月26日18時より、1・2年生の保護者を対象とした進路説明会を開催しました。

日本工学院北海道専門学校の金子 健二氏を講師としてお招きし、進学に関わる費用などを中心にご講話をして頂いたほか、進路指導部から現3年生の動向、大学入試改革、高等教育無償化等の新たな教育界の動きについてもお話させて頂きました。質疑応答も活発に行われ、実り多き説明会になりました。お忙しいところ多数のご参加、誠に有難うございました。

特に2年生は、これから進路決定に向けた活動が本格化してきます。柏稜高校一丸となってフォローしていきますので、自分の目標を明確にし、夢を叶えるための努力を積み重ねて欲しいと思います。

2021.11.29 (月曜日)

2年生インターンシップ・オープンキャンパスプログラム

11月10(水)・11(木)と2日間にわたって、「2年生対象インターンシップ・オープンキャンパスプログラム」を開催しました。

 

就職希望者は、市内11企業、1団体様のご協力で職業体験を行いました。実際に「働く」ということを体験し、「就職する」イメージをより具体的に持つことができたようです。

また、進学希望者は、函館市内の上級学校を訪問し、体験授業や学校説明会に参加することで、進学先でどのようなことを学ぶのか、理解を深めていました。

一人ひとりが、「自分の進路」に向き合う有意義な時間となりました。

2021.11.17 (水曜日)

3年生対象 年金セミナー 『知っておきたい年金の話』

日本年金機構函館年金事務所副所長である、石母田聖一様を講師に迎え、本校3年生を対象にした『年金セミナー』を開催しました。

『年金はいつかはもらえる…』ということは何となく知っていましたが、実際に自分たちが年金を負担するということの意識を、このセミナーで改めて持つことが出来ました。

3年生は進路決定の段階になりつつあります。卒業後の生活について考えていく機会として、このような講演を今後も実施していく予定です!

お忙しい中、ご講演をしていただきました石母田様、この度はありがとうございました。

2021.10.21 (木曜日)

「高文連道南支部 第54回理科研究発表大会」9年連続総合賞

本校理科研究部が「高文連道南支部 第54回理科研究発表大会」に出場しました。昨年に引き続き、道南ゆかりの海藻「ダルス」に関する研究発表を行い、最高賞である「総合賞」を受賞しました。支部大会での「総合賞」受賞は9年連続になります。

今年度は初めてのオンライン開催となり、例年とは異なる大会となりましたが、機材の活用も含めて大変勉強になりました。

今後は「高文連 第60回全道高等学校理科研究発表大会」に出場しますが、こちらは動画での審査となります。全力で準備を進めていきたいと思います!

2021.10.15 (金曜日)

「理科研究部 全国高校総合文化祭 優秀賞受賞!」

本校理科研究部が、和歌山県で開催された「第45回全国高校総合文化祭(紀の国わかやま総文2021)」自然科学部門(化学)に出場し、優秀賞を受賞しました。

この部門には各都道府県代表の42校が参加しましたが、本校は8月1日に「北海道南部産ダルスに含まれる健康機能成分」について研究発表を行いました。翌日の閉会式において優秀賞(2、3位相当)に選出され、3度目の総文祭出場で初めての受賞となりました。

大会直前までプレゼンテーションや質疑に対応するため練習を重ねてきましたが、その成果を発揮することができました。研究に協力して下さった皆様、練習の中でアドバイスをして頂いた先生方、OBの先輩方、吹奏楽部の皆さんに感謝します。ありがとうございました。

2021.08.07 (土曜日)

「北海道大学 オンライン講演」

理科研究部は研究を進めるにあたり、北海道大学水産学部にご協力頂いておりますが、さらに理解を深めるため、7/2にこの分野の第一人者である岸村 栄毅 先生にご講演を行って頂きました。


講演はオンラインでの実施になりましたが、研究のテーマである紅藻の一種ダルスに関して様々な角度から分かりやすくお話し頂きました。また、8月に控える全国総文祭での質疑応答のポイントなどについてもアドバイスを頂き、とても有意義なものとなりました。


北海道大学はバランスドオーシャン事業という教育プログラムを実施しており、今回の講演テーマのダルスをはじめ、高校生が利用できるオンライン教材も数多く公開されています。私達もこのようなプログラムを有効に活用させて頂くことで、さらに活発な活動が展開できればと考えています。岸村先生、この度はお忙しいところ、誠に有難うございました。

2021.07.06 (火曜日)

「自分の未来、社会の未来をデザインする」講演会

6月16日(水)5時間目に2・3年生理系対象講演会「自分の未来、社会の未来をデザインする」を、公立はこだて未来大学システム情報科学部教授美馬のゆり先生を講師に招き開催致しました。


講演では、自分の興味あることや好きなことから自分の「学び」を見つめ直し、自分に向いている学習スタイルを築き、21世紀を生き抜く力を身につけようとの話がありました。また、講演の最後にあった「魔法の杖を持つ」「バスが来たら乗る」の2つのキーワードに、多くの生徒が共感していました。
講師の美馬のゆり先生及び今回の講演を主催して頂きました、国際ソロプチミスト函館はまなすオンラインクラブの皆様、本当にありがとうございました。

2021.06.17 (木曜日)

『3年生対象 オンラインガイダンス』

6月7日、3年生114名対象に個人のスマートフォンを活用するBYOD (Bring Your Own Device:個人端末の活用)を取り入れた「オンラインガイダンス」を開催しました。

 

新型コロナウイルス感染症の影響により、対面形式の説明会やオープンキャンパスが軒並み中止となっています。その中でも3年生の進路活動を何とかして進めていきたいという思いからこの企画を立案しました。3年生は道内の大学や専門学校などを中心とした36校と、函館市内の野又学園関連校5校を含めた計41校の中から2校を選択し、各校の担当者より説明を受けました。
3年生はここで得た情報や知識を今後の進路選択に役立てて欲しいと思います。

2021.06.15 (火曜日)

理科研究部 日本動物学会 北海道支部 第65回大会 2020年度「特別優秀発表賞」 受賞!

理科研究部が、日本動物学会 北海道支部第65回大会 特別発表(高校生)部門に参加し、「特別優秀発表賞」を受賞しました。


大会は、提出した研究ポスターを関係者が特設ウェブサイトで事前に閲覧し、当日はそれをもとにZOOMを利用して質疑応答が行われるという形式で開催されました。
学会ということもあり、大学の先生方より専門的な質問が多くなされましたが、活動の成果を発揮し、納得した応答ができていたようです。多くのアドバイスも頂くことができ、実り多き大会となったようです。この経験を生かし、さらに研究を発展させて欲しいと思います。

 

 

2021.03.25 (木曜日)

理科研究部 日本化学会北海道支部 奨励賞(高校生の部)受賞!

理科研究部が、日本化学会北海道支部 奨励賞(高校生の部)を頂きました。この賞は、日本化学会北海道支部が高校理科教育の振興を目的として平成15年度に設立したもので、今年度で18回目になります。毎年、高文連 全道理科研究発表大会に参加する部活動の中から、2校が選出されます。なお、本校理科研究部の受賞は4年ぶり4回目になります。
学会から表彰されることは大変名誉で、研究が学術的に評価された喜びも大きいと思います。この受賞を励みに、なお一層研究に邁進して欲しいと思います。

2021.02.20 (土曜日)
1 / 3112345...102030...最後 »